月刊釣ブロ

2005/11/26 グレートグレートマザー

今日は母方のひいおばあちゃんの33回忌の法事のため神奈川県へ。
行きの東名高速で多摩川、相模川と渡り、ちょとシーバスのことを
思い出す。相模川はタイリクが釣れるんだよなぁ。
でも、聞いたところによるとロコアングラーの縄張り意識が強いらしく
なかなかポイントに入れてもらえないという話も聞いたことを思い出した。
「イチゲンさんお断り」、みたいな。怖いから一人ではいかんとこ。
地元のJUN氏にそのうち連れて行ってもらおうっと。笑

と東京から2時間半かけて目的地のお寺に到着。
法事といってもひいおばあちゃんの法事なんて見たことも話したこともない人の法事だ。
はっきりいって本人をイメージできないし、形式だけの参加だと最初は思っていた。
しかし、住職のありがたいお話を聞いて目が覚めた。
俺の心は母親の形見、俺の体は父親の形見。
そして俺の母親もその両親から授かった大事な心と体であるわけだ。
当然父親もそうだ。
ということはひいおばあちゃんがから、おばあちゃんが生まれ、そして
俺の母親が生まれ、今俺がここにいる。先代の形見を引き継ぎ引継ぎして
やっと俺がいるわけだ。

住職が「33回忌になるともう、生前の本人を知っている人、話が出来るひと
は少ないと思います。しかし、その方がいらっしゃったおかげで今のあなた方
がここにいる。そのことを決して忘れてはいけない」。とおっしゃった。

いい年して当たり前のことにじーんときた。
俺は最近なにか大事なことを忘れちゃいないかい?
と自問自答するいい機会をもらった。

そして会った事も、話したこともないひいおばあちゃんが頭の中で見えてような気がした。
会ったことのないひいおばあちゃんを思い、自分の存在を再確認した一日だった。






PS.明日は朝から中川へシーバス釣りじゃい。そろそろ女神が微笑んでくれても
  ええんじゃない?なあ、ひいおばあちゃん!
[PR]
by totti68 | 2005-11-26 22:24 | 独り言
<< 2005/11/27 シーバス... 2005/11/25 お気に入... >>