「ほっ」と。キャンペーン

月刊釣ブロ

2006/1/1 ジグへッドの形状と釣果の関係

新年明けましておめでとうございます。
毎年、年末年始の休暇を利用してどこかへ旅行に行くのですが
今年は珍しく東京にずっとおります。こんなことはほんと珍しいです。
ですので、時間を持て余してなにをしたらいいかいろいろ思案しています。

最近の正月は面白いテレビ番組もないので、ネットをしていたほうが
よっぽどためになります。
今日も釣り具通販サイトを覗いていたら、「あれも、切らしてる、これもほしい」と
さっそく、フック、ジグヘッド、シンカーなど小物を注文して
しまいました。この手のものは実際に店頭で選んで購入するより
ネット通販で買ったほうがかなり安いです。一般店頭価格より40%くらい
安いものもあります。

で、今日はジグヘッドを注文しながらあることを考えてみました。
私は、お気に入りのジャーキージェイをシーバス釣りで使う場合は
ジグヘッドリグにするのですが、

ヘッドの重さはとりあえず7g、10g、14g、18gと各種そろえてます。
あとヘッドの形状も丸型のラウンドヘッドとフットボール型と2種類用意してます。
フックサイズはメーカーによりちがうので#1か#2になると思います。
できる限り大きいサイズのフックの方が懐も長くシーバス釣りには適してい
ると思います。

ここ2ヶ月でこのリグであわせて10本以上のシーバスとニゴイをキャッチ
してますが、ヘッドの重さとヘッドの形状により、かなり釣果に違いがあることが
わかりました。

まず、ヘッドです。ヘッドの形状はラウンドヘッド丸型の球体ですね。
このヘッドの方がバイト率はかなり高いです。9割こえてます。
フットボール型になるとなぜか食わないです。偶然なのか、水中での動き
や姿勢に変化があるのかはまだ不明です。
実際ラウンドヘッドの方があたっているのは事実です。

あとはヘッドの重さです。
これも7g~10gが一番釣れてます。
流れが速いからといって14gや18gも用意し、ボトムをちゃんととれる
ようにと考えましたが逆に重いヘッドにするとバイト率は下がります。
全く食わないと言う訳でありませんが、比率からいうと1割くらいでしょうか。
これはナチュラルドリフト出来ない、急流の中では不自然な動きになってるのか
なぁと勝手に思ったりしてます。確かに引き潮の急流の中をベイトは流されるのが
普通でびったりとそこに定位してるのはちょっとおかしいのかもしれません。
人間様には底がきっちりととれて、扱いやすくても自然な動きではないんですね。

あとはフックサイズですね。
ヘッドの重さによってフックサイズは変わってきます。メーカーにもよります。
でも最低でも#2はほしいです。できれば#3、#4がほしいです。
フッキングにかなり差がでます。でもそんな大きなフックを
使用してるジグヘッドはそうは多くないので頭が痛いところです。
流行りはダーティングのような三角のピラミッドのようなヘッド形状が流行って
ますが、僕がほしいのは普通のラウンドヘッドでいいんです。

まあ、ネットでいろいろ取り寄せてベストなジグヘッドを探しだしますよ。
今年も皆様よい釣りを。
初釣りは3日、4日ころになりますかね~。なんか天候が崩れる予報があるので
そのあとが狙い目ですね。ではでは。
今年も宜しくお願い致します。
[PR]
by totti68 | 2006-01-01 14:10 | 独り言
<< 2006/1/2 オリジナルリ... 2005/12/31 メンテ!... >>