月刊釣ブロ

2006/2/3 荒川バチ抜け翌日は激荒れっすー

こんばんみ。
バチ抜けから後の2日間ってとっても素敵な日~♪だっておっきい
シーバス君と会えるんだもん。と過去の思い出にすがってしまう
変態です。

昨日の今日でしょ。きっと表層、中層で「ゴッツン」、「ゴッツン」釣れるわ~
と一人ほくそ笑み今日もアイラブ荒川へ出撃!!今日はルアーもばっちりよ。
昼間は気温も上がりいい感じ~、風も穏やか~。ウフフフ~。
とおもったら、夕方から予報通り強風波浪警報発令!!!
でも、そんなことお構いなしさ。だってバチ抜けの翌日だもん。
行くしかないじゃんよ~。自分でも止めようがねぇ。ヽ('ー`)ノ オテアゲさ!!

午後8時過ぎポイント到着。
車から出ると「バビューーー!!!」っといきなり北風に横っつら張り倒されました。爆
コンビニのビニール袋がまるで風船のように4秒で7階建てのマンションの屋上
まで飛んでいくのを見て、日本の天気予報って当たるんだね。
すごいよ。ほんと。。。とポツリ。目を細めてひとり関心。すげー。
予報もスゲーが風もスゲー。。。

でも、ここまで来たんだからロッド振らないわけにはいかんでしょう。
とさっさと身支度し、ポイントへ。


気温3度(10時以降は1度)、水温6度、潮は中潮、北風爆風!(アメダスで8m)
昨日から気温で7度、水温で3度も落ちてます。
川岸は風をさえぎるものがないので、余計、ドえらいことになってました。。。
んで、もってさっそく釣り開始!まずはお決まりのストラクチャー打ちから。
回遊してきてれば1発で出るポイント。1発で出てくれ~。
1本獲ってそして早く帰りたいよ~。甘さすぎ。
そんな気持ちと裏腹に、表層、中層とベイスラッグで流すが全く反応なし。
ここで出ないと、ちとやばい。流れのあるほうへ移動。
しかし、岸際を歩いてると、ヨタヨタと川へ背中を押される、危うく川へ落ちそうになる。
それほど風が強い。岸際から2mはなれてないと、いつ突風で川へ落とされても
おかしくない状況。慌てて水際を離れて歩く。川面は昨日とかわり、まるで海。
護岸に風で出来た波があたり砕け散る。サラシじゃー!!
ヒラがでるぞーって、おい、ここは磯じゃありませんから。笑
おいらヒラスズキつりにきたわけじゃありませんから。
ここほんと荒川だよねー?

吹きッさらしの川岸は、風を遮るものがないのであまりに危険なんで少しでも
風裏のストラクチャー狙いにまとを絞る。川に落ちそうになるのは、心霊現象も
すこし、はいってるな。こりゃ。間違いねー。

川岸の木の枝に人為的にヒモがぶら下がってるのが証拠じゃ。こえー。

そんなことはどうでもいい。笑
ベイスラッグ、ローリングベイト、レンジバイブとレンジをどんどん落としていく。
しかし反応はない。シーバスの生命反応はゼロ。
っていうか、フルスイングしたらルアーは10mは流されるし、
ピッチングの範囲でも2mは狙いから外れる。風強すぎて釣り出来る状況じゃ
ないのね。ほんとは。笑 普通のアングラーは帰るのが正解。
100人いたら97人は帰るね。きっと。残る3人はおいらと、
師匠と大師匠の3人だけだろうなきっと。爆

それでも帰らない変態。ただルアー引いてるだけなのに風が強くて
1mくらいロッドが風に振られる振られる。笑
軽いルアーじゃ「アタリとれない、投げられない」と釣りにならないので
多少ウェイトのあるレンジバイブでボトム近くを引いてみる。
とにかく1本じゃ。とにかく!

と師匠から伝授された必殺メソッドを思い出す。伝授してねーぞ。
お前が盗んだだけじゃーと言われそう。笑
水温5.5度の極寒の時でも2本も引きずりだした、究極のメソッドだ。
こうなったらその「最終奥義」を使うしかなーい!!
まず、コホーッと気をへそに集中させる。(意味は無し)
しかし、このメソッドは諸刃の剣で、一歩間違うとニゴイ爆釣一直線と
表裏一体の危険な技なのだ。使い方をマスターしていないのに使うの
は本当に危険だ!愛用ルアーがスイミーと化してしまいますよん。

まず、レンジバイブのチャートで「奥義」を使う。
すると、この強風の中ボトムで「グンッ」とバイト!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

しかし、水面にでて一瞬でてバレた!
シーバスか?ニゴイか?残念ながら確認出来ず。
おそらくニゴイっぽいな。魚はいる。さすが師匠直伝の「最終奥義」だ。
こんな状況下でもバイトさせられるということはおいらもついにマスター
したのか!?(ニゴイだからマスターできてねってばさ 笑)

今度はローリングベイト14gのチャートで「最終奥義」を使う。
地道に打ち続けると、「ズンッ」とバイト!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

「グングングンー」とロッドが引きこまれるさらに。ロッドが「キリキリキリキリー」と絞りこまれる
来たぜー!!やっほー!喜ぶまもなくちょっと引きがやべぇと少しドラグを緩めてやる!
が、しかし、水面に出ることなくフックアウト。
明らかにシーバスっぽい引き!いるぜー!!
めっちゃ寒いのに一人熱くなる男が一人。端からみたらアホだね。
こんなトコだーれもいないけど。笑
同様のメソッドで攻め続ける。しかし、ここでもう10時を回ってる。

体力的にとっても厳しい。とにかく次の魚を見たら終るしかない。
寒すぎて体が持たないよ。すでに指先の感覚がない。気温1度。強風のため
体感はマイナスだろうね。

そして「グッ」っとその次の1本がきた!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

強風、水面が海のような状態でもアタリは獲れる!!
しかーし、悲しいかな見えたのはニゴイ。。。
可愛そうにここでラパラの新ギャフを無理やり登場させる!!シャキーン!!
初仕事はニゴイ処理でした。爆 ごめんね。ちょっと使いたかっただけなのよ。
a0041128_7192446.jpg











結果2バイト、1ニゴイゲット。10時半撤収。3時間やって手が凍りました。
まあ、こんな状況なら仕方ないかな。ニゴイでも1本魚見れただけよしとするか。
一晩で状況が激変の荒川です。淡いおいらの夢を砕かれましたよ~。
明日も明後日も風がやまないとちょっと、厳しいかな~。
帰りのラーメン屋で割り箸がなかなか割れないほど手がかじかんでました。

このシーバス変態また土日釣り行くだろう!と思う方ここクリック
お願いしまーす。笑↓

にほんブログ村 釣りブログへ
[PR]
by totti68 | 2006-02-04 07:47 | 荒川シーバス釣行記
<< 2006/2/4 釣行最速マシ... 2005/2/2 バチ抜けは想... >>