月刊釣ブロ

2006/6/15 シーゲイル vs インディペンデンス

こんばんみ。

仮想クロアチア戦と理由つけて荒川に釣りに行こうと思ってる者です。
おいらは3-0くらいのスコアで勝ち点を取りにいきますよ~。
日曜日の試合、厳しい現実を突きつけられるかもしれませんが、
まだ試合始まってません。
始まる前からおいら達サポーターがあきらめちゃいけません!!
何が起こるかわからない!頑張れ日本代表!という気持ちを持ち続ける
よう必死に心がけてます~。

そんな今日は6月2日に購入したEVERGREEN Seagale PZS-86について。
ってまだ4回しか使ってませんし、10本くらいしか魚掛けてませんが。
a0041128_1604076.jpg













上:PZS-86
下:IR-93ML
PZS-86を購入するまでのおいらの相棒はMegabass XOR Independence IR-93ML
比較すると、こんな感じ。

      Length  Taper    Lure Wt. 自重(自分で計測)

IR-93ML   9.3  ミディアム   8-28  180g
PZS-86    8.6   ミディアム   8-28   150g


PZS-86はまず、軽いっす~。というのが最初の感想。
愛用のルビアス2500オーシャンマークカスタムと組み合わせても420g。
まあ、師匠のモアザンには敵いませんけど。
たかだか21cmだけ短いだけですがキャストの精度は抜群に上がりました。
魚とのファイトもレングス、グリップが微妙に短い分、左右の切り替えしが早く、
楽に捌けます。21cm短いだけでこんなに違うもんかね~。
感度もいいので使い易いですね。

でも、そんなPZS-86ですが、弱点が。。。
・IR-93MLよりもルアーが飛びません。
   21cm違うだけでこんなに変わるもんかね?というほど飛びません。
   まだ、特性を理解出来ていないだけだと思う部分はあると思うんですけど。
   XORはやっぱり飛びます。グリップがセパレートになってるんで力をかけ
   易いんでしょうかね~。

・魚をブチ抜けません。
   IR-93MLだと60cm前半の魚なら足場が高くてもブチ抜きランディング
   出来ましたけど、PZS-86は思った以上に柔らかくランディング
   出来そうにありません。
   これも、まだ新しいから無理してないだけだと思うんですけど。
   一度強引にランディングしてみたけど、どうもXORより弱い気が。



当分荒川シーバスのスピニングタックルは、掛けて楽しい、投げて疲れない
PZS-86がメインになりそうです。

ベイトはベイトでオロチを持ち歩きますけど。
ポチッとお願いします~。
 ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
[PR]
by totti68 | 2006-06-16 16:07 | 私のタックル
<< 2006/6/17 荒川シーバ... 2006/6/14 R.A.S... >>