月刊釣ブロ

2006年 10月 10日 ( 1 )

2006/10/8  四国遠征3日目-夜-下げ


20:30 満潮から潮位が40cmほど下がったあたりからポイント入り。

今日は一箇所で粘る作戦。

a0041128_1462631.jpg













昨日一通りポイントを見て周り一番ベイトが多かったのと、一番バイトが多かった

場所。

a0041128_1414428.jpg
















今日はここを拠点に下流付近を攻めることにする。

橋脚、インレット、支流の合流。

風も時折こちら岸にあたり条件は申し分ない。

気温17度、水温21度、大潮下げ狙い、風は北風あり。

もう、フッコサイズはいらない。

1本でもいい。

良型を獲ることに専念したい。

プレミアが来てくれたらもう言う事無し。

まずは橋脚から。

昨日はバイトレンジが思ったより深かったので今日はsasuke裂波を最初からキャストする。

しばらくキャストを繰り返すが・・・・・

しかし、ノーバイト。

しかも、開始1時間で期待のsasuke裂波の当たりカラーの2個は真っ二つに。

橋脚に直撃させてしまう俺のキャストの下手クソ~。

でも、サイドキャストで橋脚間の奥の奥まで打ち込むのには力が必要だから

仕方ないのかな。

ということで開始早々、今回の助さんと格さんを失う・・・・

ヤバイかも・・・・

うっかり八兵衛ことレアは自分の中では実績無し。

使いこなせてないのでアテに出来ない。

弥七ことシードライブはベイトのサイズから見てもここではまだ出番はなさそうだ。

でも、俺にはご隠居様ことローリングベイトがいるから大丈夫か。笑

この時間、下げがしっかり効いていて橋脚裏には20mもの筋が何本も出来ている。

とりあえずレアを橋脚の明暗、ヨレ、潮目、拠点一体を投げ倒す。

この筋のどこかに魚はいる。

1本でいい。

昨日の69を越える80を越えるくらいの良型を釣りたい。

時たま単発でボイルがある。

でも、レアを喰ってくれない。

見向きもされていないような感じだ。



ここで一時インレットへ移動。

ここも沢山ベイトがモジっている。

そこへボイル!!

仕方ないのでとりあえずローリング77SSSに変えて食わせにかかる。

明かりのないここは、昨日はチャートバック、レッドベリーが当たった。

潮目に沿って浅いレンジをドリフト、表層中層のリフト&フォールなど。

しかし、昨日のように簡単には喰ってこない。

アクションか?カラーか?レンジか?

昨日釣れて、今日釣れない理由を考える。

ある意味簡単に釣れないほうが、人間頭を使うからゲームとして楽しい。

目の前の魚達はどうしたらこっち向いてくれるのか?

あれや、これや試す。これが楽しいのだ。

ローリングはカラーも5~6種類変えた、アクションも変えたけど反応が無いので

ヨレヨレに交代する。

狙うは表層のみ。

ヨレヨレもパール系の村岡SPと自作のアルミテープ貼りを流してみる。

しかし、昨日あたったヨレヨレにも反応無し。

レンジか、アクションか、カラーか、それともコース取りか???

アクションを変え、sasukeSS95、keep90も引いてみるが反応はない・・・

魚はいるが、昨日とは違い偏食しているような感じさえする。

う~ん。難しい・・・・悩む。

ちょっと困った・・・・

悩んでるうちに23:30下げの流れも力無くなり・・・

干潮、潮止まり。

途端ベイトの気配も消え、ボイルも消えた。

下げ潮のチャンスをまんまと逃してしまった。

しかし、今日は最終日。

ここでは止められない・・・・

当然、引き続き上げ潮も狙うことにする。

続く・・・・


ポチッとお願いします~。
 ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
[PR]
by totti68 | 2006-10-10 01:55 | 高知アカメ釣行記