月刊釣ブロ

2005/10/31 ナイロンラインとPEライン

先週PEラインを購入したとお話しましたが、昨日初めてそのPEラインを
使用してみましたので感想を書いておこと思います。
さっそく愛機ルビアス2500のスプール巻きたかったのですが、ナイロン12lbが巻いてある。
そこで、オーシャンマークのカスタムスプールを購入して巻いてみました。
巻いたラインはDUELのX-Wireの22lbです。
さっそく使用開始♪
まずは、B-太を付けてキャストしてみます。B-太の重量は8g。
キャストーー!ヒュルルル~~飛距離がとても気になりますが、、、

あれ?ナイロンラインと大して変わらない!?ガビーン。かなりショック!

思ったほど飛ばない。ラインの直径は半分程度になってるのでもっと飛ぶと
思ったんですけど。。。再度キャスト。そこそこ飛ぶが劇的に変化というほどで
はない15%増しくらいかな。感想としてはナイロンより空気抵抗があるような気
がします。編みこみ特有のものなのだろうか?ふわふわして思ったほどは飛距
離が出ない。。。
でも、力を抜いてなげてもナイロンと同じ程度飛距離がでるということは、
体力的にはかなり楽かもしれません。
効果をもっと出すためにはPE16lbにさらに細くすれば飛距離はもっと出るか
もしれません。実際オーシャンマークのカスタムスプールはPE0.8号用に設計
されているのでPE1.5号を巻くと100mしか巻けません。
PE0.8号で150m巻けるように設計されてるのです。
飛距離は期待はずれで少し残念でしたがいい点もあります。
ラインの伸び少ないのでルアーの動きがもろダイレクトに手元に感じられるよう
になりました。これは特筆すべき点だと思います。
今までリーリング時に指先にクンクンクンと伝わってきたX-80様の動きが

ブルブルブルブルとダイレクトに伝わってきます~。あ~快感!

これはアタリや、水の中の情報を感知するには最高ですね。感度は最高です。
最後にライントラブルですが、初日から2回ありました。糸よれは皆無でとても
嬉しいのですが気がついたらも結び目が出来て戻ってくることがありました。
1回目はなんとかほどけたのですが2回目は結び目が硬くてほどけませでした。。。
5mちかくカットする羽目に。。。
トラブルで結び目が出来てしまった際の回復はナイロンのほうがかなり楽です。
糸よれがないのはいいんですが、もじゃもじゃになった際の復活はかなり
厳しいかも。。。

広告にナイロン並みの扱いやすさと書いてありますが、トラブルに
なった場合の復活はナイロンより断然大変です。結びこぶができちゃったら
復旧は不可能です。


今回のテストはあまり納得いくものにはなりませんでした。
今のままでは高価な価格を考えると、自分はナイロンラインの方がいいですね。
とりあえず22lbを使い切ったらPE16lbに巻きなおして再度テストしてみようと思います。
まあ、これも慣れなのかな。ターゲットやルアーの用途に合わせてラインを
使い分けていきたいと思います。

右がナイロン、左がPE

a0041128_2329112.jpg
[PR]
by totti68 | 2005-10-31 23:45 | 私のタックル
<< 2005/11/01 オーシ... 2005/10/30 シーバス... >>