月刊釣ブロ

2006/2/13 基本に忠実に

こんばんわ。
インチキチータが予想以上の出来で一人浮かれている馬鹿者です。爆
週末は荒川に12時間(一晩中)いたわけですけど、まあ馬鹿と呼んでください。
って目の前でこんな魚を連発された日にゅあ熱くならないアングラーはいないでしょう。
きっとこのサイズの群れが確実に回ってきてたんですよ。
なのにおいらだけ坊主。トホホ。
a0041128_23442241.jpg











12時間下げ、上げとずーと見続けてこの季節でもいろんなことがわかったんです。
そして、いろんなことを思い出したとです。
おいらは最近、産卵後の河川に上るシーバスを狙ってたんで、上げ潮メインでした。
上げ潮でポイントに入ってくる魚を狙ってた訳なんですね。
実際それで釣果も出てたし、それはそれでいいんですけど。

でも、やっぱり潮の下げきり直前、どん引きから上げ始めってすごく重要だと
再認識したわけです。
なぜかって、いうまでもないですが、潮位が下がると、シーバスがつける
ポイントが限られるわけですから狙いが絞り込みやすい。
あと、ドシャローになった(大潮で干上がった)とこなんかでは急に
ベイトの気配を沢山感じることが出来るんです。この季節でもです。

案の定、沖目のドシャローとのブレイクラインのそこかしこでボイルが
連発!!ゲットにはいたりませんでしたが、ワンキャスト、ワンヒットが
出たわけす。

これってやっぱ基本中の基本で去年のアカメ釣行の際も潮が引いて
シャローにいたイナッコが居場所がどんどんなくなり、ブレイクラインまで
落ちるとそこにアカメ・シーバスが待ち構えてるというめちゃ基本なんですよね。
最近寒い季節なんで、今まで潮位が高いとベイトも全く見えなかったし、
深いレンジの釣りが基本だったんですっかり忘れてました。

寒くてもベイとはいる!そしてベイトがブレイクに落ちていけばそこがシーバス
のフィーディングゾーンになる!!改めてこの季節に思いしらされました。
寒いからって確かに動きは鈍いかもしてませんし、活性も低いかもしれません。
が、食う魚はいる。ベイトを追い回すやつもいるんですよね。
実際、こんな季節でも水深30cmのシャローで背びれを出しながらルアー
を追ってきましたから。

というわけで、潮位を常に感じながらポイントの移動、ルアーローテーション、
立ち位置の変更などいろいろやることはあるわけです。こんな季節だから忘れて
いたのかもしれません。

で、これは早く新しいシャローランナーを作らねばと思いまたルアーデザインを
またまた行いました。今回は「インチキチータver2」と「引き波ブリブリ系」です。
「引き波ブリブリ系」はベースデザインはハンマーを利用しました。
さらにこれのウェイト位置と浮き姿勢を研究し、引き波がばりばりでるルアーを
作ろうというわけです。「インチキチータver2」はどんなリトリーブ速度でも
ちゃんとローリングするアクションが目標です。
a0041128_235124.jpg













a0041128_23513039.jpg












最近ルアーばっかり作ってないかって?
そりゃーやっぱ、自分のデザインしたルアーで魚を釣るという醍醐味を一度は
味わいたいじゃないですか。釣れたときって普通の何十倍も嬉しいと思うんですよね。
遊びだから出来るだけ楽しくやりたいんですよ。
あと、5000円程度の材料でミノーなら30本は作れますからね。
これも大きな魅力かな。別にめっちゃ貧乏なわけではないですけど。笑

今日も、無風で釣り日和って感じがしたんで、どーしよーかなー
行こうかなーってすげー悩みましたが、いまひとつと自分の中で妄想して
釣れるイメージ、魚の動きのイメージができてないのでやめときました。
ますます、面白い、悩ましてくれるリバーシーバスです~♪

きゃー!!なんか今日はバカに真面目じゃない?
頭どうかしたんじゃないの?キモイッて思った人ここクリックしてね。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 釣りブログへ
[PR]
by totti68 | 2006-02-14 00:16 | ルアー工房
<< 2006/2/14 荒川NEW... 2006/2/12 泳げ!イン... >>